横浜こぼれ話は筆者の佐藤栄次が随筆や意見や考えを書いておりますので、一度見に来てください、

安倍首相とロシアのプーチン大統領が5日、ロシア極東ウラジオストクで会談したが、北方領土交渉で具体的な進展はなかった。

なんと、今回が安倍総理とプーチン大統領会談27回目になると言う。

安倍の正体は既に見えているから特に驚くほどのことはない。

北朝鮮の拉致問題も然り。

安倍は問題解決と口では言うが、具体的戦略は全くなし。国民に対し、あるいは北方領土に住んでいた人々に対し、あるいは、拉致家族に対し、希望だけは持たせる言い方をするが、その実、その成果らしきものは一つも出てこない。

沖縄の住民に対して、米軍基地を縮小し、那覇の安全を守ると言うが、何のことはない。辺野古に移設するだけ。

広島、長崎では原爆のない世の中にすると言いながら、核兵器禁止条約の批准すらしない。なぜなら、アメリカのトランプに釘を刺されているから。

韓国に対しては、強い態度で出ているが、これは韓国の立場より日本の立場が強いから。

すなわち、安倍の生き方は強いものには、“お友達”という姿勢で関係を持ち、弱い人間には、強く出る。

言い換えれば、北方領土返還を求めている人たち、あるいは、拉致被害者家族、あるいは、沖縄の住民、あるいは、原爆被爆者およびその家族は安倍にとっては弱い人間なのだ。そんな人間のために喧嘩することなどできないのだ。

我々は、真に強い政治家を求める必要があろう。そのためには、そのような政治家にしか何も望むべきではない。

安倍が何を言おうと、自民党が何を言おうと、期待などしてはいけない。ただ、強い政治家のみを待望しよう。

安倍に北方領土返還交渉をさせてはならない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。