横浜こぼれ話は筆者の佐藤栄次が随筆や意見や考えを書いておりますので、一度見に来てください、

ブラジルの医療機器を売る際に、シーメンスやGEの競業他社はファイナンス付きを始めたという話が飛び込んで来た。言い換えれば、割賦販売である。
アメリカやヨーロッパや日本では当たり前の話だが、ブラジルのように、ブラジル経済が不安定で、インフレ経済で、ブラジル通貨のクルゼイロの切り下げも激しい国には、怖くて、割賦販売などを考えることなど誰もしなかった。しかし、ブラジルの将来性のことを考えたシーメンスやGEは積極的だった。
こんなことは、販売メーカーが行わなければ、誰もやらない。だから、サプライヤーズ クレディットと呼んでいた。いかに医者は金持ちと言えども、何千万円、何億円の商品を買うのに現金でホイホイと支払える人は少ない。
ブラジル国内にも、分割払いの制度は無いこともないが、何せ金利が高すぎるから、その制度を使わないのだ。
そこで、先ず東芝アメリカにそのサプライヤーズ クレディットに一枚加わってもらおうということになり、東京本社に東芝アメリカ(略してTIC)の社長とブラジル現地法人である東芝メディカル・ド・ブラジル(略してTMB)の社長と東芝本社の第二輸出部の事業部長が集まることになった。
事前に、TMBの社長大川と営業担当の高瀬が東京に来て、事前に打ち合わせを行い、五ヶ年販売計画を作成した。
この時の担当課長は滝本。
大川と滝本は考え方がまるで違う。それでも、何とか大川が妥協して、案がまとまる。
すると、私達の出番である。
私達とは、主任の荻島と私だけ。
私達はその案に沿って計画書を作っていく。
原案を電卓で作り、清書はワープロか、ミニコンを使っていたような気がする。
ところが、清書が出来上がると滝本は、別の視点で計画書を作ってみようと言う。
それで、また、我々は振り回されることになる。
帰宅は、いつも深夜12時を越えていた。
何度か作った後、私は頭に来たので、滝本に
「一体、アンタはどの計画で行くのか?」と迫った。
すると、滝本は、
「君たちは、僕の振るタクト通りに歌えばいいんだ。」と生意気なことを言うので、私は、
「何の歌を歌うのか言ってくれ」と言った。
ブラジルの大川も賛同してくれた。
そして、本番の日がやって来た。
プレゼンは大川が行った。
約20分程度で終わった。
アメリカから来ていたTICの石坂社長は眼光鋭く、大川を見て、
「中々いい計画だと思う。
このビジネスは儲かると思う。
しかし、本来、お願いする東芝本社の滝本君から、是非、協力して欲しいという声が無かったので、残念ながら、私はこのビジネスには参画しない。」
と言って、部屋から出て言った。
こう言われた滝本は、ただただ、ニヤニヤと笑っていただけだった。
私は、この光景はずーっと忘れられない。
この石坂は、親父が経団連の会長をやった石坂泰造の息子。こんな男を私は見たことはなかった。
1985年の東芝ココム事件で、当時の青井社長はアメリカ合衆国に対し恭順姿勢を取ったが、この石坂は東芝の姿勢をアメリカ合衆国に示すべきだと主張し、それが通らなかったため、東芝を辞めたのだ。実に骨のある男と私は評価した。
一方、滝本は、この後、工場に左遷されてしまった。
会社とは厳しいものだと、この時、目が覚めた。
このサプライヤーズクレディットの話は、更に一年後に、場所をサンパウロに変え、役者はロンドンに東芝が作った東芝インターナショナル トレーディング(TIT)の立木社長とTMBの大川社長と本社経理の課長と私の四人でまとめることとなった。その時、サプライヤーズクレディットの複利の利率計算をΣでやったので、みんなから驚かれた。私にとっては、別に特別なことではなかった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください