横浜こぼれ話は筆者の佐藤栄次が随筆や意見や考えを書いておりますので、一度見に来てください、

それから2ヶ月後に私はブラジルに飛んだ。
ブラジルに行くには当時、アラスカで給油の為に降り、一時間休憩。それからニューヨークへ向かう。ニューヨークでは4時間位待ってブラジルのフライトに乗り換え、リオデジャネイロ経由でサンパウロに降りた。丸二日間かかった。
サンパウロでは日本人町の小さな宿に泊まった。正に木賃宿であった。迎えに来てくれたのが、安野氏と高瀬氏。
安野氏は私より4歳上の経理部長出来た駐在員。高瀬氏氏は日本の大学を卒業して、ブラジルに遊びに来て居着いたらしい。今はTMBの営業部長。
二人は先ず、私を日本人町にある料理屋に連れて行ってくれた。私は普通にトンカツ定食を頼んだ。
運ばれた料理を見てビックリ。
トンカツは日本のトンカツの2倍から3倍もあった。
安野が注文した魚定食の魚は日本と同じ大きさ。高瀬氏が注文したラーメンも量は普通。すなわち、ブラジルは肉が安いということらしい。
食後、早速、パカエンブーにあるオフィスに行った。
オフィスと言っても、大きな民家を借りたようなもの。
そこに、社長の大川がいた。
この大川は大阪出身で、やはり、商社マンだったらしい。
見た感じはでっぷりしていて、鷹揚な感じがするが話してみると、実に細かい男。
担当の私にそれまでに溜まった問題を投げかけ、これを全て解決していってくれと言う。

実は、ブラジルグループには、私の上に一人の主任がいた。東京外語大のポルトガルが専攻だからブラジル担当にはもってこいの人。人実にいい人。だから、人と対決はできない。問題が発生しても、自分から率先して解決はしない。私が輸出部の中南米担当になった時、先ず、課長から怒られたのは、未出荷と代金回収の問題。ブラジル向けの部品がタイムリーに出荷できないため、部品は工場に山のように在庫になってしまう。ブラジル以外の中南米地域には出荷出来ても、代金が回収できない。
そこで、私が呼ばれる。そして、散々絞られる。
私は黙っておられないので、これらは、私が来る前の問題ではないか、と反論すると、課長が私を別室に連れて行き、「佐藤君、もう君には分かっているはずだ。荻島君はああいった人間だ。彼を責めたところで解決なんかできないだろう。そう思わんか。」と言う。
私は、
「そう思わん‼️」
東芝という会社は本当にいい会社だと思う。

私は早速、言われた問題をテレックスで東京の部長に連絡した。
大川社長は、
「昨日の件は、どうした?」
と私に迫り、直ぐにでも東京に連絡して、東京の部長にフォローしろと言う。
私は言われた通り、部長に電話をして詳細説明をした。
それを側で聞いていた大川社長は、
「電話を直ぐ切れ」と言う。そして、電話を東京からかけさせろ、と言うのだ。電話代がもったいないと言う。
そもそも、他人の家に来て、電話を使うのはいいが、電話代のことを頭に入れるのが常識、とのたまう。
この瞬間、この社長は一体何者か?と思った。
基本的にドケチなのだ。
初めての出張で、正にどかーんとやられた。
サンパウロは一週間いた。
初日の夜は、私の歓迎のため、社長を含めて、会社の幹部と一緒にシュラスコを食べに行った。
初めは、肉が食えると喜んでいたが、時間が経つと時差ボケのため眠くて堪らなかった。日本と12時間の時差の洗礼を浴びた感じだった。
ブラジルには社長の他三人の駐在員がいた。
一人は先に紹介した安野。もう一人はサービス部長の桜井さん。私より10歳は年上であろう。大分出身で、大柄の男。日頃は、あまり、しゃべらない人。カラオケが好きで、サンパウロではカラオケ同好会に所属していると言う。もう一人は、五十嵐さん。細身の体型で、スマートな人という感じ。私より三歳年上だろう。
サンパウロ滞在中、この三人の家に呼ばれた。
先ず行ったのが安野のアパート。
奥さんはとても地味な感じ。話によると、この安野は上手く大川社長と組んで、思うように会社を動かしている男だと言う。初めて会った時、私は握手をしようとしたら、偉く不遜な態度をしていたことを覚えている。だから、家を訪問したが何を話したかほとんど忘れている。ただ、タモリと高校時代は同級生だということくらい。
桜井さんのアパートに呼ばれた時は、奥さんとの話しがとても面白かった。
奥さんは、東芝の人と話すのが大嫌いだと率直に言う。
いつも、会社の組織順位で話をして来ると言う。しかも、本社から偉い人が来ると駆り出され、女中のようにこき使われる。だから、東芝の人とは基本的には付き合わないようにしていると言う。
正に、現実の駐在員の声である。
五十嵐さんのアパートに呼ばれた際に、五十嵐さんは、前任者達の話をしてくれた。
「私の前任者達は、ハッキリと社長派と反社長派と分かれていて、お互いにいがみあっていたのです。
大川社長はオープンな人間と自分で言うがさにあらず。口で言うことと考えていることがまるで違う人です。
反社長派は副社長格のやりて男と、サービス部長の二人。大川社長は何とかこのやり手男を日本に帰したいと思っていたが適当な名目がない。
そこで、この遊び好きのサービス部長がブラジル女性との間に子どもができたと手紙に書いて東京本社に送ったのです。東京本社から、直ぐに勤労部の部長が飛んで来て、全て終わりとなる。かくして、やり手男も同じタイミングで日本に帰されてしまったのです。
私はこんな人と仕事をしなければならない。
だから、あまり、目立たないようにしようと思っているんです。」
五十嵐さんは、大川社長から貴公子と呼ばれているらしい。
ちょっと見た感じそんな風貌である。
しかし、彼は秋田出身で高校時代には両親が亡くなり、姉さんが大学に行くのを支えてくれたと言う。
「佐藤さん、私は大学時代は衛生車に乗って金を稼いだんです。」
と話してくれた。
私はこの人はみかけによらず、凄い人だなと思った。

ブラジルでの仕事を終えて、ブラジルを立つ時、社長は空港まで送りに来て、
「佐藤君、また来てくれ」と言った。
私は、
「もう二度と来ない」と、本音を返した。
実は、この簡単なやり取りが、後々話題になったらしい。
すなわち、この大川社長は、空港での出迎えや見送りは東京本社の課長以上の者しかやらないらしい。しかし、私は単なる担当者。しかも、その担当者が、空港でもう二度と来ないと啖呵をきったのた。
あの佐藤は一体何者なのか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください