神の声を聞こう

2014年01月09日

神は我々に命を与え、そして、何をさせようとしているのか?
我々の肉体に遺伝しなるものを作っているというのは、まさに神のなせる業。

遺伝子には生きて死ぬまでの肉体の設計図である。

しかし、そこに脳を作り、心臓を作った。

これこそが肉体と魂を結ぶターミナルステーションのようなもの。

また、脳と心臓は神からの信号を受け止めたり、また、神へ信号を送る通信センターである。

誰にも、この昨日を備えた。

しかし、この通信センターが機能するためには、精神統一が必要である。

それが、無心になること。

だが、それはなかなか一般の者には修行ができない。

そこで、何世代も費やして、その境地になっていく。

肉体がいくら滅びても、魂が残れば問題ない。

一般の者が、神から何か啓示を受けることがある。
その資格者は、まず、感謝のの感覚を身に着けること。

感謝する気持ちを持ち続けることで、神の声を聞くことができる。

自分の魂を磨くということは、感謝の気持ちを深めていくこと。

ドンドンドンドン。

そこには物欲など邪魔な存在。

神の声を聞こう。