風と水

2014年01月10日

生命維持には水は絶対に必要。
風は?
空気が必要という意味では、風は必要。
しかし、これは肉体的生命維持のためである。

風と水には別の機能があるような気がする。

最近、稲を人工で栽培する時、水と栄養と光をうまくコントロールして実験をやったが、なかなか実を結ばない。

そこで、風を流すようにした。
すると、見事に実を結んだのだ。

水も止まった水は腐る。

すなわち、水も風も動いていなければ、そこに住む生物は正常に成長しないのだ。
たえず、自分の周りには流れる風が必要なのだ。

私は風にはほかの要素が流れているような気がする。

風を感じることは何か魂を感じるのだ。

風が、何か情報を流しているような気がする。

風は我々の皮膚を通して何かを伝えてくる。

よどんだ空気の中には何か不気味なものを感じる。

山や海に行ってさわやかな風を感じた時、我々の気持ちはさわやかになり、生気を感じるようになる。

風を通して、魂を感じるのだ。