山の声 日田木材組合

2014年01月14日

私は番頭役を務めていたわけで、私が家にいれば、その間、私の代理をする人が必要だったが、間に合わせに雇ったものに、慣れぬ仕事は任せられなかった。

私は、日田市の木材組合には、時々顔を出していたので、組合からも金を借りようと思っていた。金は、まだまだ、いくらもあっても足りなかったからである。

ある日、私は日田木材組合長の瀬戸さんを訪ねた。

瀬田さんは、小柄な五十代の、温厚な人柄で、人望の厚い方だった。

私達の早津山の状況も、よく知っておられた。

「組合長さん、私の所の山も、大分出始めましたので、素材でも製品でも良いから、契約してくれませんか。」、と申し入れた。

組合では、組合員の材木屋が、今、どこにどんな山を買って、どんな製品を出荷しているかを大体把握していた。

「何でも貰いますよ。ドンドン出荷してください。多いほどいいんですよ。」、と組合長さんは言った。

「実は契約して、手付金が欲しいんですよ。」

私は、組合長の表情を、伺いながら言った。

「奥さん、お宅の山は、まだまだ、ドンドン出荷している段階じゃぁないようですが、品物を出してくだされば、現金で支払いますよ。」

当然のことを瀬戸さんは言った。

「いいえ、もう大分出荷しております。しかし、ドンドン出荷するようになったら、もう、貴方に相談は致しませんよ。金は今、欲しいんです。だから、、何とか、ご相談できませんか。」

この時、私は本当に、金が欲しかった。必要に迫られていた。私は再度申し入れ、口説き落とした。

組合長は、出納係の諌山さんと相談しておられたが、

「奥さん、間違いないでしょうね。期日までには間違いなく出荷して下さいよ。手付金は出しましょう。総じて、前金は、どこでも出しておりません。奥さんは特別ですよ。いやぁ、負けたなぁ。」、と言って笑われた。

何百石かの出荷の契約をして、手付金として、三十万円を出して下さった。

これは大金である。

よくも組合長が、この大金を女の私に、前渡してくれたものだと、組合長の度量の大きさを思い、絶対にこの行為を裏切ることがあってはならぬと感謝した。

私は早速、山に登り、一部始終を夫に報告した。夫も聞いてビックリしていた。

「よくも、三十万円も、手付金を出してくれたものだ。」、と言った。手付金をもらった以上は、絶対に約束は守らなければと、夫も言った。

その後、出荷の方は、なかなか捗(はかど)らず、一台送ったかと思えば、後は何日も送らぬという状態だった。別の材木屋との契約もあり、そちらの方にも送らねばならなかった。道路も相変わらず悪く、運搬は捗らなかった。

雨季には、毎日が雨で、殊に深山の雨は、激しく降るというものではなく、叩き付けるように、バケツの水をこぼすように降った。川は増水して、道路も川のようになり、山の仕事は計画通り進まないのが普通だった。

やがて、木材組合からも、催促が来るようになった。私も組合に顔向けができないようになっていた。だからと言って、用件は組合には次々来るので、顔出しせねばならず、私の顔を見ると、組合長の瀬戸さんは、

「奥さんは女だから、間違いないと思ったのに、全然、品物が出来ないじゃあないですか。困りますね。」

出納係の諌山さんも、口を揃えて言った。

「本当に申し訳ありません。私も責任上、山では喧(やかま)しく言っておりますが、、何用、雨が多くてどうしようもありません。今、しばらくお待ちください。」、と謝る外なった。

大体、契約している以上、期日にできない理由を並べても、理由にならない訳だが、この会話を何度も繰り返しながら、最後には、木材組合に大量に出荷し、組合の木材置場は野村の木材で埋まった。