山の声 平塚さんの結婚

2014年01月14日

早津山で番頭をしていた平塚さんは、早津山を売却し始めた年、私達の仲人で、結婚した。お嫁さんは上広川の人で、当時、上広川小学校の重野先生だった。一年間は次女道子のクラスの受け持ちの先生だった。

夫は、この重野先生に目を付け、何度も先生の自宅に通い、とうとう貰い受けて、無事に結婚させた。

ところが、平塚さんは、結婚早々で、胃の激痛を起こし、日田の病院で、その日のうちに手術を受けた。その後、腹膜炎を併発し、病気は長引いた。

退院して、暫くは、日田の私の家に寝ていたが、実家に帰り養生することになった。

この二人のことは仲人の責任からも、いつも気にかかっていたが、今では一男一女の子たちも成人し、経済的にも恵まれ、幸せな生活を送っておられる。

私達は五組の仲人をしたが、いづれの人達も、財を得、人望を得、幸せな家庭を持っておられる。