岡田がバラシ、細野がイカル

2015年01月09日

民主党代表選候補者による討論会(8日)で岡田克也、細野豪志両氏が野党再編をめぐり応酬。

細野氏は昨年11月の解散直前に維新の党から「(維新の)関西を切り離すことも考えるという話が来た」ことを明かした。
民主、維新両党内で、有権者不在の“合流”が模索されていたことを示すもの。

岡田氏は、
「細野さんは(衆院)解散直前、私のところ、海江田代表のところに来て、衆院だけでもみんな(の党)と民主と維新と合併すべきだと、かなり強い提案をされた」
と暴露。

代表選のなかで細野氏は民主と維新との合併を否定しているが、
「あの話はいったいなんだったのか。政治家は自分の言葉に責任を持つべきじゃないか」
と岡田氏は指摘した。

細野氏は、
「残念だ。クローズ(非公式)の場所で話したことを公開の場で質問された」
と岡田氏を批判しつつ、合併提案の事実を認めた。
「維新と民主の問題は、関西の問題でもある。問題がクリアでき(るなら)、中途半端な住み分け(両党候補者調整のこと)をするより、いろんな可能性を模索すべきだと申し上げた」
と細野氏は語った。

こんなことこそレベルの低い話。
細野は野党再編を堂々と訴えるべき。
岡田もこんな話をするべきではない。