事務所の移転

2015年11月20日

ポコ・ア・ポコと一緒に過ごしてきた皆様にお伝えします。

2000年に横浜青葉区青葉台にパソコン教室を開きました。

当初は、まだ、パソコンの時代が来るが、私たちはどうしようという時代でした。

特に、40代、50代の皆さんにとっては大変な時代でした。

1990年台の初めにバブル経済が弾け、会社倒産が始まりました。

中小企業企業だけでなく、大企業まで倒産になるほど深刻でした。

そのためには企業同士の合併が相次ぎました。

今まで敵同士であった三井銀行と住友銀行が合併するのですから、もう、これからはなんでもありだと感じました。

そのため、労働者の解雇や、新卒の就職難が続きました。

家庭内は深刻でした。

家のローンはあるが、収入は途絶えてしまう。

会社では残業はできない。

だから、それまで禁じていたアルバイトまで許可するほどでした。

会社に入るためにはパソコンはできないとダメだという時代。

かと言って、高校、大学でパソコンをしっかりと教えてくれはしない。

そんな時に、パソコンの教室を始めたのです。

高校生、大学生が来てくれました。

でも、やはり一番多いのは主婦の方々でした。

60歳、70歳の方々も来られたのには、驚きました。

しかし、そんな時代も3年経ったら、状況が変わっていきました。

もう私はパソコンはマスターしたから大丈夫だと言って止められたのではありません。

やはり、パソコンの壁は厚かったようです。

猫も杓子もパソコンをマスターできるほど簡単ではありません。

アビバなどに通った方が、ポコ・ア・ポコに入られ、「ここはいいですね、何度でも質問できるから」と言われたのをよく覚えております。

今でも、その当時の方々とお付き合いをしていますが、「ポコさんのおかげで、年賀状をパソコンで作ることができました」と言われるときは、本当に嬉しく思います。

キミマロがよく言いますが、「あれから15年・・・」

15年間も続けることができたと感謝しております。

校長校長と言われてきましたが、あの校長も早66歳になろうとしています。

昨年は、狭心症で入院をしました。

流石に年をとったなあ、と感じます。

しかし、「まだ、生きろ、やることがあるだろう」と観音様に言われると、「ハイ、もう少し頑張ってみます」と言うしかありません。「困ったら助けてやるから」と温かい言葉も掛けてくれました。

私には観音様が見えるのです。嘘と思うでしょうが本当なのです。

困ったときに声をかけてくれる人が観音様なのです。

叱咤激励する人は、不動明王。怖いけど優しいのです。私が怠けると、女房が観音様になったり、不動明王になったり。先日は、小沢観音にお会いし、優しさをもらいました。

そんなわけで、今月11月末を以って、事務所を下記の住所に移動します。

〒241-0801
神奈川県横浜市旭区若葉台2-5-702
☎045-744-8070

パソコンで困ったことがあればいつでも電話してください。

それでは、皆様、お元気で