保険金が支払われない!その4 2週間後に退院

2018年10月08日

今の腎臓がんの手術では、腹は切らない。

腹腔鏡手術で手術をするので、ただ、お腹に3箇所穴を開けるだけ。

すなわち、ヘソの穴を含めて4箇所からいろいろな器具を差し込み、内視鏡で患部を覗き見ながらガンの切除をするのである。

だから、術後は切った後は残らない。しかし、穴から器具を入れてグリグリやったらしく、穴の部分は大きく腫れて、激痛は2〜3日あった。その間はベッドの上で体を回転することができないほどだった。

術後5日たったころ、ドクターがやってきて、病理の結果を説明してくれた。

幸いにも、切除した腫瘤は浸潤性はなく、転移の可能性のないとのことだった。

そして、2週間後に退院することができた。