横浜こぼれ話は筆者の佐藤栄次が随筆や意見や考えを書いておりますので、一度見に来てください、

沙耶香が3歳の時のことである。

季節は12月の暮れのことである。

午後3時頃に近くの小学校に、家内と沙耶香の3人で遊びに行った。いつものように、ウサギ小屋に餌をやりに行く。ウサギは沙耶香の手から人参を食べる。小学校には小さな池に数少ない金魚も泳いでいて、これを見るのも楽しい。

運動場では、ジャングルジムで遊び、鉄棒でも遊ぶ。

また、運動場でかけっこをする。沙耶香は小さいながら、自分で遊びを見つけてきて、自由に飛び回る。

時が経ち、だんだん日が暮れてくる。12月は日が落ちると、冷たい風邪が吹く。

家内が、「サーたん、もう暗くなったから帰るよー」と声を掛けるても、沙耶香の遊びは続いている。

その時、その沙耶香は何やら、運動場の中央にある朝礼台に登ろうとしていた。そして、その朝礼台から、我々を呼ぶのだ。私と家内はその朝礼台に近づいてみると、沙耶香はマイクらしいものを持って、何かしゃべっている。実に真面目にしゃべっている。

静かに聞いてみると、女校長の真似をして、次のように言っている。

「皆シャン、風邪が流行っていましゅ。風邪をひかないように気をつけて・・・」と言い終わる前に、沙耶香の片方の鼻の穴から、ツーっと鼻水が流れ、その鼻水が落ちないうちにすすり上げ、何もなかったように、また、しゃべり始めた。

実にだらしのない女校長に拍手を送りたくなった。

沙耶香は、姉や、兄の小学校のイベントに来た時に、いつか、自分も女校長をやりたかったのであろう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。