横浜こぼれ話は筆者の佐藤栄次が随筆や意見や考えを書いておりますので、一度見に来てください、

今日の朝から、元号の発表はテレビでは元号元号とうるさすぎる。

そんなに元号は大騒ぎするほどのものだろうか?

昭和から平成になったところで私にとっては何も変わらなかった。役所関係では、西暦で書いたり元号で書いたり。

私にとっては西暦で年代を考えた方が世界との歴史では好都合。なまじっか、元号が出てくるとうるさくてしょうがない。

それなのにテレビでは大騒ぎ。まともに元号の意義を議論する番組などない。

中には、私と同様、私には元号を意識することはまるでないという知識人がいて、ホッとする。そんな人間は変わり者として捉えられてしまうのであろう。

いい加減に、ちょっとのことで右往左往することはやめようではないか。

ところで、今日から、働き方改革の法令が施行される。

有給休暇をもっと取ろう。法律では、10日の有給休暇のある人は最低でも5日は取らなければならないそうだ。

しかし、契約社員でアルバイト的に働いている人にも有給休暇ある。しかし、この人たちが有給休暇を取っても、給与は支給されない。これが果たして有給休暇なのか?

元号のことよりよっぽど重要な問題である。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。