横浜こぼれ話は筆者の佐藤栄次が随筆や意見や考えを書いておりますので、一度見に来てください、

筋肉が徐々に縮み力がなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患う43歳の高田泰洋さんは埼玉県吉川市に住んでいる。昨年、彼の保護者が、重度訪問介護の支給を申請した。

当然、無条件にこの申請を受理することなど出来ない。そこで、昨日16日に埼玉県吉川市障がい福祉課の職員が調査のために高田泰洋さんの家を訪問し、審査を行った。

ここまでは、普通のことで問題はない。ところが、審査の過程で市の職員が質問を始めた。高田泰洋さんが質問に対し、家の補助員が文字盤を用いて答えようとすると、その行為が市の職員にはまどろっこしく思えたのか、「それは時間稼ぎですか」と言い放ったと言う。

そう言われて、高田泰洋さんはショックを受けたのだ。そして、そのことを県庁会見を開き、明らかにしたのだ。

高田泰洋さんはあらためて市に対して抗議し、代理人弁護士は「人格毀損(きそん)だ」と批判した。

このことに対し市は「男性に対しては言っていないが、誤解を与えたのは申し訳ない」表明したとか。

代理人弁護士によると、1カ月50時間の重度訪問介護の支給を受けるが、介護時間数を増やそうと昨年5月から市に要望してきた。その結果、今月12日に初めて、同課職員3人が自宅へ調査に来たという。

レコーダーの記録によると、職員が「寝返りは自分で出来ますか」と尋ねた際、声が出せず手足も動かない高田さんは、目の動きで会話する文字盤で回答しようとした。すると職員の1人が「時間稼ぎですか」と発言した。その場にいた代理人弁護士が抗議したが、謝罪は無かったという。高田さんは会見で文字盤を使って「ただただ悔しかった」と述べた。

 埼玉県吉川市役所の加藤利明課長は発言を認めた上で、「本人ではなく代理人弁護士に対する発言」だと言う。

この話は、埼玉県吉川市だけの問題ではない。行政の職員には人の優しさを感じることが少ない。煩わしい、面倒くさいなどと思いながら仕事をしているのだ。

まず、審査の訪問前に、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病気を勉強しておくべきであった。また、行政の職員は、とかく、性悪説で人を見ているのであろう。こんな非常識な発言をすることはありえない。

また、加藤利明課長の発言も見逃すわけにもいかない。よくもそんなことが言えるものだと不思議に思う。あんたらの給料は一体どこから出ているのか、じっくり考えるべきである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。