横浜こぼれ話は筆者の佐藤栄次が随筆や意見や考えを書いておりますので、一度見に来てください、

文夫君は、大阪にはしばらくいたようだが、そのうち音信が途絶える。

そして、何年後かに広島にいるという連絡が入ってきた。
どうも、広島にステーキの店を開いたという話である。

そして、どうも、同棲している女性がいると言う。
私は既に東芝に入って、川崎に来ていたので、当時の文夫君のことは、帰省した時に聞く話しかなかった。

その女性は律子さんと言う。
律子さんが登場して、なぜか、文夫君は厚狭に帰って来ることが多くなっていたようだ。
そして、収入も安定して来たようで、ある時に、親父に100万円の大島紬の着物をプレゼントしたらしい。

このことが、また、兄姉の中で、物議を醸した。
あんな見栄を張らなくてもいいのに、と。
要するに、文夫君は生来の見栄っ張りなのだ。
自分の置かれた状況を正しく判断できないのだ。

この後、私は何度か厚狭の家で何度か文夫君と律子さんに会っている。
この時期が、文夫君にとっていい時だったのではなかろうか?

私の結婚後、私の住んでいた横浜の団地にも、文夫君は出張のついでに寄って一泊したことがある。
私が30歳に書いた佐藤家の歴史にも、文夫君の悪行のことは書かれていたし、文夫君のことを私がどう感じていたかも書いてあった。
それを読んで、文夫君は何かを感じたようだ。

しかし、そんないい時期も長くは続かなかったようだ。
彼が40歳の頃に、病気になった。
確か結核だったと記憶している。
そして、その時期に愛する母親が亡くなったのだ。
私は、電話で、母親の訃報を文夫君に知らせたら、電話の向こうで泣いていた。
自分も葬儀に出席するというので、私は、広島の病院から母に別れを告げるように忠告した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。