横浜こぼれ話は筆者の佐藤栄次が随筆や意見や考えを書いておりますので、一度見に来てください、

下関にいた頃、少しずつ我が家の生活も文化的になり始めた。
テレビは家にあるし、冷蔵庫も氷を入れる方式だがあった。

そんな折、お袋が長門市場で鯨の肉の塊を買って来た。

その日は親父の帰りも日頃より早かった。
子供であったため、私にはその日が何お祝いだったかは記憶にはない。

しかし、座卓(テーブル)にはカレーライスの時に使う皿に鯨の肉が焼かれて出て来た。
そして、日頃見たこともないフォークとナイフが皿の両脇に置いてあった。

そこにいたのは親父とお袋と久夫兄とかずえ兄と私の5人。

親父が徐(おもむろ)に、
「お前たちも将来、必ず、フォークとナイフを使った西洋料理を食べる機会があるだろう。そのための練習として、ビフテキを食べる・・・」と話し始めた。

父:「まず最初に、フォークとナイフは外から取っていく」
私とみんな:「???」
父:「本当は、前菜を食べるフォークとナイフがあるし、スープを飲むスプーンがあるし、デザートを食べるフォークとナイフがあるし、コーヒーを飲むスプーンもついているのだが、今日はない。」
父:「フォークは左手で持ち、ナイフは右手で持ち、音をさせずにビフテキを切る。」
父:「栄次、ガチャガチャ、ナイフを皿に当てるな。」
「ご飯はフォークの曲がった方に乗せて、そのまま口に持っていく。」
私とみんな:「こうやって、食べると、たべづらい。」
父:「これが西洋人の食べ方だからしょうがない。」
父:「それから、食べるときは、静かに食べる。」

かくして、西洋料理の食べ方教室が終わる。
サラダもスープもデザートもないままに。

ところで、ビフテキはビーフステーキの略。
鯨の肉を食べても、やはり、ビフテキと言っていた。

ところで、私が成人になり、仕事で海外に行くことが多くなり、初めて分かったことだが、一般的に、西洋人といっても、色々あり、肉をナイフとフォークで切るが、右手にフォークを持ち変えて食べる人、ライスもフォークですくって食べる人など、食べ方は様々であった。マナーを気にする人はあまりいなかった。
ましてや、フォークを逆さまにし、その上にライスを乗っけて食べる外人は一人もいなかった。
それよりも、みんな会話を楽しみながら、食事していたことが私には最もショックであった。

私は、上流社会の人々と食べた経験がなかったので、多分、親父は、上流社会の食べ方を指導してくれたのであろうと解釈している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。