横浜こぼれ話は筆者の佐藤栄次が随筆や意見や考えを書いておりますので、一度見に来てください、

ミカンとお嫁さん

ミカンとお嫁さん

私はみかんがなぜか好きなのだ。年の暮れにはみかんを箱単位で買うととても満足感を得られる。 私が小学校2年生の時、親父の仕事の関係で下関に移る。家族は久夫兄とかずえ兄と私と親父お袋で五人家族となった。下関は厚狭と違い都会であった。私は田舎者か …

一人寂しく風呂焚き

一人寂しく風呂焚き

シズエ姉の結婚式は私が幼稚園児の時だろうか?昔の家の応接間でやったことをかすかに覚えている。結婚式の意味などわからない私は、泣いているシズエ姉を見て、『可哀想な姉ちゃん。姉ちゃんはもらわれて行くんだ。あの男が人さらいなんだ!この野郎!』と密 …

別れの言葉

別れの言葉

我が家では貧しさのため、大きな不公平を生んでしまった。親父とお袋はそのために大変な苦しみを背負ってしまった。 啓一兄、秀夫兄、久夫兄及びかずえ姉は高等学校に行けたが、貧乏が故に成績の良かったにもかかわらずシズエ姉とキヌエ姉は中学校までしか行 …

田舎の家

田舎の家

田舎はいい。やはり、育った家に帰ると何故か落ち着くものだ。匂いのせいか?あるいは、家から見える景色のせいか?親がいるせいか?育った当時を思い出せるせいか?とにかく、理由は色々あるが、自分の育った家はいい。 私の育ったところは、山口県の片田舎 …

小人の行進

小人の行進

親父が国鉄を定年退職し、目指すは家づくり。しかし、退職金を使い果たして家を建てたりしても後の生活を考えると、そうもいかない。 そこで、親父は出来るだけ自分達で家を建てようと考えたのだ。結論から言えば、今の家は大工仕事以外は全部家族全員でやっ …

痛快な参議院選挙

痛快な参議院選挙

私の勉強不足を恥じている。 東京選挙区で前回6年前は67万票で4位当選し、今回も東京で出れば当選確実と見られていた山本太郎が比例に転出したのだ。 彼は独自の戦略を生み出した。 「俺を当選させたければ3議席くれ!」という有権者への強烈なメッセ …

怪しからん!?高知商業高野球部員?

怪しからん!?高知商業高野球部員?

昨年夏の全国高校野球選手権大会に出場した高知市立高知商業高野球部の部員が、同校ダンス同好会主催の有料の発表会にユニホーム姿で出演したことが日本学生野球憲章に抵触するということで、日本高野連は16日に同校の野球部長の謹慎処分を日本学生野球協会 …

私の足に角が・・・

私の足に角が・・・

3日前の朝、起きてみると、足のかかとが痛む。 いつもの通風の発作が出てしまったのだろうと思った。 幸い、痛み止めもあるから何とかなるだろうと思っていた。 しかし、通風になるような原因は見当たらない。 ビールを飲んでいるわけでもない。 通風に …

皆シャン、風邪が流行っていましゅ。

皆シャン、風邪が流行っていましゅ。

沙耶香が3歳の時のことである。 季節は12月の暮れのことである。 午後3時頃に近くの小学校に、家内と沙耶香の3人で遊びに行った。いつものように、ウサギ小屋に餌をやりに行く。ウサギは沙耶香の手から人参を食べる。小学校には小さな池に数少ない金魚 …

上着の右ポケットに

上着の右ポケットに

私の家内は朝が早い。 朝4時前には必ず起きている。 私は昔から夜型なので、寝るのは大体1時過ぎ。 歳をとってきた今は、夜、トイレに起きるのは1回か2回。 2回目にトイレに行く頃には、家内は既に朝食の準備をしている。 そのため、朝の食事は早い …