横浜こぼれ話は筆者の佐藤栄次が随筆や意見や考えを書いておりますので、一度見に来てください、

2022年正月の夢

私はこの夢では東芝の主任として働いているようだ。 どうも二、三週間後にアメリカに出張する予定のようだ。 そして、今日は年の暮れの仕事納めの日。 会社の若いスタッフはもう帰り支度をしている光景。 どうも、その日は忘年会がある予定のようだ。 み …

池上本門寺を訪ねて

歳をとったせいもあり、ここ数年、お寺を訪問する機会が増えた。一昨年は高野山に行って空海と話しをして来た。 今年は日蓮が亡くなった地に建てられた池上本門寺に行きたいと家内と話していた。なぜ日蓮宗なのか? そんな愚問には答えたくもない。私にとっ …

霊と交信とテレパシー

世の中にはいかがわしき人々がいるものだとつくづく思う。 そもそも、死後の世界なるものがあるのかどうかもわからない。 しかし、世界には色々な能力の持ち主がいることも認めざるを得ない。 そこで、私は考えた。仮に、死後の世界があって、死後の魂、死 …

祇園と後

祇園と後

今日、外を歩いていたら、ふと祇園のことを思い出した。この祇園とは岡山大学入学当時出会った友達の名前である。 彼は岡山出身の男で、気の優しい人であった。彼は教育学部専攻だったと記憶している。 私は大学に入ると、特別な理由もなく、学内で勧誘され …

臨死体験と転生

臨死体験と転生

私は最近何故か、臨死体験と転生、即ち、生まれ変わりに興味を持っている。 先日、たまたま、Netflixでこれらをテーマにしたドキュメンタリーを見たことがきっかけである。 昔は、これらのテーマはせいぜい本を読むしかなかったが、時代が変わり、ネ …

幸せにつながる道

人は誰しも思うであろう。 一体、幸せにつながる道というのがあるだろうか、と。 子どもの進学の際、私学で中高一貫の学校ならば、進学で苦労をすることもない。そこに大学が有ればいうことはない。 そんなところを出た子どもは、いざ就職の際に苦労をする …

鳩がベランダにやって来た

一昨日、家内がLINEで、 「お父さん、今、一羽の鳩がベランダの手すりにやって来てる」と私に送ってきた。 私は、直ぐに悪い予感を覚えた。 何故なら、今から3年前のこと、私の義理の姉が亡くなった当日、二羽の鳩がベランダの手すりにやって来て、何 …

金魚とメダカの考察

私は長い間、金魚を飼ってきた。その間、何匹の犠牲者を作ってきたか分からないほど。その甲斐あって、金魚の買い方は分かってきたつもりだった。しかし、ここ一年以上もの間、金魚が長く生きてくれない。 金魚を飼うコツは、水と水温さえ気を付けておれば大 …