ひろさちやの世界

2014年01月13日 ひろさちやの世界

白い象は・・・

白い象は仏教においては、普賢菩薩の乗り物である。 法華経の中には、法華経を深く信仰する人々のために、白象に乗った普賢菩薩が出現し、人々を守護されると書かれている。 ところで、英語でホワイト・エレファントといえば、 ---…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

曲がった松の木

一休和尚の話である。 一休和尚が旅をしていると、見事に曲がった松の木を見つけた。 そこで、村の衆を集めて、 「誰か、この松をまっすぐに見た者にご褒美をあげよう」、 と投げかけた。 村の衆は、何とか松の木を真っ直ぐに見よう…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

自分は迷惑をかけていない

「自分は他人に迷惑をかけていない」、と言い張っている年寄りはいないだろうか? たとえ話その一。 目の不自由な客が訪ねてきた。 家を辞去しようとした時、 「夜道ですから提灯をお持ちなさい」、と主が言った。 その友人は、むっ…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

性急な恩返しは・・・

フランスのモラリストのラ・ロシュフーコー(1680年没)の言葉に、 「あまりにも性急に恩返しをしようとするのは、一種の忘恩行為だ」 というのがある。 我々は、特に日本人は受けた恩は直ぐに返さないといけない、と考える風潮が…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

鹿皮を足に着けよ

釈迦がある時、弟子たちにこんな質問をした。 「世の中の道は石や木切れが落ちていて、歩くのに危険である。どうすればいいだろうか・・・?」 弟子の一人がこう答えた。 「人の歩く道を全部鹿の皮で覆うといいと思います。」 この答…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

達磨の問答

中国の禅僧慧可(えか)(593年107歳で没す)は、インドから来た達磨禅師を訪ねた。 達磨禅師は、壁に向かって座禅をしたまま、 慧可に向かない。 慧可は雪の降る日も達磨禅師の後ろに立ち尽くす。 最後は、左ひじを切断し、そ…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

雨受けに笊(ざる)

我が国の南北朝時代の話である。 禅僧の関山慧玄(けいげん)が美濃の伊吹山に隠棲していた頃の話である。 ある日、にわかの大雨で、本堂に雨漏りがし始めた。 関山は、 「なにか雨漏りを受ける物を持ってこい!」 、と大声で弟子た…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

親切はいつでも受けよ

電車の中で座席を譲られた老人が、 「いいえ、いいです。私は次で降りますから・・・」 と、座らない場合がある。 これはよくない。 たとえ面倒でも譲られれば座るべきだ。 30秒であっても座らせていただいて、 「ありがとう」と…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

無分別のすすめ

仏教の言葉と世間一般の言葉が正反対になっていることがある。 「無学の人」、といえば、一般的には学問・教養のない人のことである。 ところが、仏教では、これは褒め言葉である。 真理を極め尽くして、もうこれ以上学ぶ必要のなくな…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

逃れられぬ運命

ある高僧がご自分の小学生時代の思い出をされた。 彼は、父親の住職の代わりに檀家の三七日(みなぬか)のお経をあげにいかされた。 仏壇に向かって、小学生が一所懸命にお経をあげていた。 隣の部屋には、多分お経が終わった後の接待…