ひろさちやの世界

2014年01月13日 ひろさちやの世界

こだわりを持つな

我々凡人は、なかなかこだわりを捨てきれない。 未練を持つのは当たり前。 しかし、仏教では、こだわりなく、ありのままを見ろと教えている。 そこで、仏教学者である安田理深の話をしてみよう。 この学者は、浄土真宗大谷派の学者だ…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

今日を楽しめ

今日を楽しめと仏教は教える。 だが、なぜか、この言葉が引っかかるのは私だけではないだろう。 今、苦しんでいる人が多いのに、 今日を楽しむ気にはならない。 今のこの現実から抜け出すためには、「明日がある」とか、「また日が昇…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

アリとキリギリス

イソップ物語の「アリとキリギリス」の話はご存じでしょう。 しかし、原文では、「アリとセミ」であることを知っている人は少ない。 暑い夏を、アリはせっせと働く。 キリギリスは遊び呆ける。 アリはキリギリスに、「しっかり働かな…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

左遷のくやしさ

サラリーマン生活で、地方に左遷させられることほど悔しいことはない。 いっそ会社を辞めようと思う人も多かろう。 そんな人へのメッセージがある。 法然上人の話である。 浄土宗の元祖法然上人の生涯は、逆風ばかり。 その最大の逆…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

カタツムリからナメクジへ

松尾芭蕉門下の優れた俳人を”芭蕉の十哲”と呼ぶ。 内藤丈草はその一人。 芥川龍之介は、芭蕉門の俳人のうち、この丈草を最も好んだという。 うずくまる薬の下の寒さかな 芭蕉は死の直前、お伽につめかけた門弟たちにそれぞれ句を作…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

人を変える力

フランスの作家ユゴーの『レ・ミゼラブル』に感動の場面があるのをご記憶だろうか? 一切れのパンを盗んだがために19年も牢獄で過ごさねばならなかったジャン・バルジャンは 、 出獄の直後、ミリエル司教の教会に泊めてもらう。 ミ…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

一蓮托生

我々は、テレビの影響か、この一蓮托生をいい意味でとらえていない。 しかし、本当の意味は全く違う。 仏教においては、蓮の花、即ち、蓮華は聖花である。 仏像の多くが蓮華をかたどった台座(蓮華座)に安置される。 蓮が泥の中に育…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

汝の敵を愛せ

現実問題、我々は、敵を愛し、自分を迫害する者のために祈れるだろうか? しかし、キリスト教では、これは神の命令である。 ところで、面白いことに、仏教では、「愛してはならない」と教えている。 矛盾しているように思えるが、実は…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

阿弥陀仏の誕生日

お寺が経営する幼稚園で、4月8日、花祭り(灌仏会・・・かんぶつえ)の行事を行った。 その時、幼児達に、 「4月8日はお釈迦様の誕生日ですよ」 、と教えた。 ところが、一人の園児が、 「先生、阿弥陀様の誕生日はいつ?」 、…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

三歳の童子でも知っている

中国・唐の時代の禅僧に道林という人がいた。 この人は、杭州のの秦望山で修業をしていたが、老松の上に巣を造り、その巣の中で座禅していた。 だから、人々は彼に、鳥? 和尚(ちょうかおしょう)と字を付けたという。 この時期、詩…