ひろさちやの世界

2014年01月13日 ひろさちやの世界

迷えば凡夫

江戸中期の石門心学者に手島堵庵(てしまとあん)がいる。 京都の商家に生まれた堵庵は18歳の時、石田梅岩について心学の修業を始め、20歳で開悟した。 その堵庵の教えは、 ――私案なしの説―― と呼ばれている。 私案なしとい…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

石は沈み、油は浮く

釈迦の所に一人の男が来て、こんな質問をした。 「バラモンたちが言うには、俺たちがご祈祷すれば、死者は天界に生まれ変われる。本当だろうか?」 、と。 バラモンとはインドのバラモン教の僧侶である。 その質問に、釈迦は直接答え…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

人を殺せと言われたら

ある日、親鸞が弟子の唯円に尋ねた。 「そなたは私の言うことを信じるか?」 唯円は、「もちろんです」 と答えた。 この唯円は「歎異抄」 を書いた人である。 親鸞はさらに続けた。 「それでは、そなたは私の言うことに背かないか…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

瓦を磨いて鏡にする

中国唐の時代に有名な禅僧で馬祖道一(ばそどういつ)がいた。(708年に生まれ、80歳で没す) この坊さんは、「虎のごとく見、牛のごとく動く。舌を伸ばせば、鼻の上までのばし、足の裏には紋があって字を書く」 と言われていて、…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

バクシーシの論理

インドに行けば、「バクシーシ」と言って手を出してくる。 もともとバクシーシとは、ペルシャ語で、「与える」という意味である。 トルコ、エジプト、インドでは、「チップ」という意味で使われているようだ。 インドやアラブの世界で…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

連帯意識のお念仏

1117年、僧の良忍が一心不乱に念仏を唱えていた。 そこに、阿弥陀如来の示現があった。偈(げ、とは、仏の教えや仏・菩薩の徳をたたえるのに韻文の形式で述べたもの)を感得した。 「 一人一切人、一切人一人、一行一切行、一切行…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

わが糧、すでに尽きたり

「道心の中に衣食(えじき)あり、衣食の中に道心無し」 これは我が国天台宗の開祖の伝教大師最澄(767 ~822)の言葉である。 最澄の教団は非常に貧しかった。 平安初期の僧たちは基本的には国家公務員であり、エリート中のエ…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

二人の死に方

臨済宗妙心寺の開山である関山慧玄(かんざんえげん・・・1277~1360年)の最期は、こうであった。 彼は長らく病床にあったが、或る日、 「どうやらお迎えが参ったようじゃ」と言って、自ら旅支度をして、杖をつきつつ寺を出て…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

浜までは海女も蓑着る

一人の禅僧が庵に悠々自適の生活をしていた。 その恬淡たる生きざまを慕って一人の雲水が庵を訪ねてきた。 「あいにく風邪をひいていて、今から薬を取りに行くところです。直ぐに戻りますから、拙庵でお待ちください。」 そう言い残し…

2014年01月13日 ひろさちやの世界

嘘も方便

昆虫採集を趣味にしている人が山岳部の連中と一緒に山に登った。 彼は、山に登りながら昆虫採集に動き回っている。 運動量は彼のほうがはるかに大きい。 しかし、面白いことには、山岳部の連中のほうが先にバテテしまったという。 こ…