横浜こぼれ話は筆者の佐藤栄次が随筆や意見や考えを書いておりますので、一度見に来てください、

あんぱんとお祭り

あんぱんとお祭り

私が下関に行って2年目の秋、小学三年生の時の話。 友達と路地で遊んでいたら、近所のおじさんがやって来た。そして、こう言った。「君たち、明日の厳島神社のお祭りを知ってるだろう。そのシャギリを引っ張ってくれないか?」、と。 友達のほとんどは即座 …

一人寂しく風呂焚き

一人寂しく風呂焚き

シズエ姉の結婚式は私が幼稚園児の時だろうか?昔の家の応接間でやったことをかすかに覚えている。結婚式の意味などわからない私は、泣いているシズエ姉を見て、『可哀想な姉ちゃん。姉ちゃんはもらわれて行くんだ。あの男が人さらいなんだ!この野郎!』と密 …

別れの言葉

別れの言葉

我が家では貧しさのため、大きな不公平を生んでしまった。親父とお袋はそのために大変な苦しみを背負ってしまった。 啓一兄、秀夫兄、久夫兄及びかずえ姉は高等学校に行けたが、貧乏が故に成績の良かったにもかかわらずシズエ姉とキヌエ姉は中学校までしか行 …

田舎の家

田舎の家

田舎はいい。やはり、育った家に帰ると何故か落ち着くものだ。匂いのせいか?あるいは、家から見える景色のせいか?親がいるせいか?育った当時を思い出せるせいか?とにかく、理由は色々あるが、自分の育った家はいい。 私の育ったところは、山口県の片田舎 …

小人の行進

小人の行進

親父が国鉄を定年退職し、目指すは家づくり。しかし、退職金を使い果たして家を建てたりしても後の生活を考えると、そうもいかない。 そこで、親父は出来るだけ自分達で家を建てようと考えたのだ。結論から言えば、今の家は大工仕事以外は全部家族全員でやっ …

夏の思い出

夏の思い出

夏の思い出といえば次の歌を思い起こす人が多いでしょう 夏がくれば 思い出すはるかな尾瀬(おぜ) 遠い空霧のなかに うかびくるやさしい影 野の小径(こみち)水芭蕉(みずばしょう)の花が 咲いている夢見て咲いている水のほとり石楠花(しゃくなげ) …

運転免許更新の日に

運転免許更新の日に

12月が誕生日のため、今月中に免許更新の手続きをしなければならない。 ここ数日、温度差が激しくついに昨日風邪を引いてしまった。 声がまともに出ない状態。 しかし、当初から決めていたため今日は横浜市の運転試験場に行って免許更新に行かなければな …

上着の右ポケットに

上着の右ポケットに

私の家内は朝が早い。 朝4時前には必ず起きている。 私は昔から夜型なので、寝るのは大体1時過ぎ。 歳をとってきた今は、夜、トイレに起きるのは1回か2回。 2回目にトイレに行く頃には、家内は既に朝食の準備をしている。 そのため、朝の食事は早い …

自費出版をしたいんですが・・・

自費出版をしたいんですが・・・

もう80歳になろうとしているSさんの話。 自分の兄弟は四人。 この四人とその家族の人々に読んでもらいため、それまでに書いてきた家族の記録を自費出版したいと相談を受けた。 印刷業者は既に決めているが、それまでの校正や推敲を自分でやりたいと言う …

夕焼け

夕焼け

この時期の夕暮れは速い。 つるべ落としのごとく、と言う様に。 しかし、秋を感じる季節です。 夕暮れの東の空に現れる満月を見ると、不思議に子供のころを思い出します。 泥んこになって遊び、おなかが空いて、家に帰る。 何の疑いも持たず、風呂に入り …