カタツムリからナメクジへ

お主も悪よのう・・・

松尾芭蕉門下の優れた俳人を”芭蕉の十哲”と呼ぶ。

内藤丈草はその一人。
芥川龍之介は、芭蕉門の俳人のうち、この丈草を最も好んだという。

うずくまる薬の下の寒さかな

芭蕉は死の直前、お伽につめかけた門弟たちにそれぞれ句を作らせた。
その時の丈草の句がこれである。
芭蕉は、この句に感銘して、「丈草、出来(でか)したり」 と言ったという。

丈草は尾張犬山藩士であったが、継母の生んだ弟に家督を譲るため、わざと指を傷つけて、刀を握ることができぬから武士を捨てるといって出家した。

その時に作った偈(げ)である。
漢詩を分かり易く書くと、
多年、屋を負う一蝸牛(かたつむり) 化して、蛞蝓(なめくじ)となって自由を得る 火宅、最も惶(おそ)る、涎沫(せんまつ)尽きんを たまたま、法雨訪ねて林丘に入る

もう少し、分かり易く書くと、
長い間、カタツムリのように家を背負ってきたが、ナメクジになって自由が得られた。
だが、火宅の世に生きるに最も恐ろしいことは、水気のなくなること。
偶然の縁で、仏法の雨を求めて 林や丘に入る。

話は代って、時宗の開祖の一遍は鎌倉中期の僧である。
彼は、その出家について、次のように言っている。
「念仏の機に三品あり。上根は、妻子を帯し、家にありながら、著(じゃく)せずして往生す。中根は、妻子をすつるといえども、住居と衣食とを帯して、著せずして往生す。下根は、万事を捨離して、往生す。」

説明すると、念仏者の素質に上中下の三クラスがある。
最も素晴らしいのは、妻子を持ち、家にいて、しかも執着しないで往生すること。
次のクラスは、妻子は捨てるが衣食住を持って、執着しないで往生すること。
最低のクラスは全てを捨てて、往生すること。

上は親鸞、中は法然、下は一遍自身だと言っているのだ。