今日を楽しめ

左遷?いいものだよ

今日を楽しめと仏教は教える。

だが、なぜか、この言葉が引っかかるのは私だけではないだろう。

今、苦しんでいる人が多いのに、 今日を楽しむ気にはならない。

今のこの現実から抜け出すためには、「明日がある」とか、「また日が昇る」の方がしっくりくる。

しかし、古代ローマの抒情詩人のホラティウスの言葉に、
「カルペ・ディエム」 (今日を楽しめ)
がある。

また、イエスの言葉に、
「だから、 明日のことまで思い迷うな。明日のことは明日自らが思い迷うのだ。その日の苦労は、その日だけで十分だ。」
とある。

釈迦はこう言っている。
「過去を追うな。
未来を願うな。
過去は既に捨てられた。
未来はまだやって来ない。

だから、現在の事柄を、
現在においてよく観察し、
揺らぐことなく動ずることなく、
よく見極めて実践すべし。
ただ、今日なすべきことを熱心になさ。
誰が、明日の死あることを知っているであろうか。」

今日を楽しめとは、今を大事にという意味のようだ。

どうも、本当の賢人は 、明日のことより今を真剣に生きることを主張しているようだ。