相手を言い負かさず


この禅師はこう言っている。

「たとい自分の方は道理をもって言い、相手がひがみ根性で曲がったことを言っても、理攻めで相手を言い負かすのは良くない。

また、自分は現に道理と思っているのに、わざと自分の方が間違っているといって退くのも 早まったことだ。

相手を言い負かさず、自分の方も卑屈にならずに、自然に終わるのが望ましい。

相手の道理に外れた言葉を耳に入れぬようにして忘れるならば、相手もこちらの言葉を忘れてくれて、腹を立てることもない。

これが第一に心すべきことである。」、と。