あきらめが肝心

親は、子供に、「勉強しなさい」と言う。
子供は、「どうして、勉強しなければいけないの?」
「それは、あなたが、いい高校、いい大学、いい会社に入って・・・
それで本当に、幸せになれるのだろうか?
世の中はそう簡単ではない。
途中、病気になったり、事故に遭ったり。
また、自分の関心が変わったり・・・。
事情はそれぞれ合って、本当に思うように行くことなどほとんどない。
明日のことなど誰もわからないのだ。
明日のことがわからなければ、それはあきらめなければ。
ここで言う「あきらめ」とは「諦め」ではなく、「明らめ」である。
すなわち、解らないことを、解らないと明らかに認めることが必要だ。

未来の権利放棄

明日のこと、未来のことは人間にはどうすることもできない。
すなわち、権利放棄するしかないのだ。
般若心経では、「人間の権利の及ばない領域があることを、しっかりと明らめなさい」と説明している。