バクシーシの論理

インドの青年

インドに行けば、「バクシーシ」と言って手を出してくる。

もともとバクシーシとは、ペルシャ語で、「与える」という意味である。
トルコ、エジプト、インドでは、「チップ」という意味で使われているようだ。
インドやアラブの世界では、
―――金持ちは貧しい人に施す義務がある
―――貧しいものは金持ちから施しを受ける権利がある
といった社会通念があるのだ。

もともと、仏教にそのような教えがあったが、日本は江戸時代に儒教を広めたため、
この教えは薄まってしまった。

しかし、仏教の施し、つまり、布施の考え方はバクシーシの論理からである。
布施は決してお恵みではないのだ。
勝者は敗者あっての勝者であるのだ。
敗者の面倒を見るのは当たり前と考えるのだ。

だから、彼らは発展しないと考える日本人は多いが、最近、私は日本人は間違っていると思い始めた。

共に生きるということこそ大事なのである。

最近、池上彰がデンマークに行った報道を見て驚いた。
子供は社会の宝だから、国が育てるのだ。
当然、授業料もただだし、大学に入れば生活費も国が支給する。
その大学生が成功すると国が富む。
その成功者は高い税金を払う。
それでいいのだ。
日本の社会は、決して人に優しいとは思えない。