チャクラの色と音

chakura1001

良い運命を持つ人のチャクラの色と音は鮮明で強く、悪い運命を持つ人のチャクラは濁っていて弱いものです。

運命というものは、魂が肉体に入り込むときに、体内の七つのチャクラに種がまかれ、発芽するのと同じ様子です。

そのため、チャクラの状態が整っている人は、健康であり、正しい判断がつき、幸福に結びつく行動を選択できるのです。

チャクラの状態が崩れている人は、病気がちで、正しい判断ができず間違えた選択をしがちで、失敗することが多くなります。

宇宙で機能している光と音は神であり、人の中にあるチャクラに働く光と音は運命となるのです。