ちょっとした楽しみ

sarukani

3人の子供がいると、朝から晩までワイワイガヤガヤ。

賑やかな毎日。お母さんの言葉を借りると、

「一日が終わって床に入ると本当にホッとする。」

ところが、このリズムが少し変わると、

「何だか変な感じねぇ」と言うことになる。

やはり、ワイワイガヤガヤがいいのである。

そんな中に、実はあまり気付かないチョットした楽しみがあるものである。

私が最近気が付いたチョットした楽しみをご紹介しましょう。

トイレに入るとカレンダ-が下がっている。

そのなかにはサインペンで郷、静香の学校行事やサッカ-の試合予定が書き込まれている。

若葉台の運動会が17日にあるのか、その前の日は郷のクラスの親子ドッジボ-ル大会か。

静香の社会科見学は21日で東芝の柳町工場か。

一週間後は沙耶香の3才児検診なのか。

沙耶香ももう3才なんだ、といった具合にひと月の

行事が手にとるように解る。

当然ながら私の海外出張予定も書き込まれている。

ところが、その上から鉛筆で毎日書き込まれているものがある。

今年の7月からそれは書き込まれ始めた。

最初は花丸印しからスタ-トした。

日毎に花丸印しが一つ、二つと書かれて行く。

時に花丸ではなくX印しの日もあった。

花丸印しはトイレでウンチをした時に書いてもらえる。

できなかった日はX印し。

そのうち丸印しが書かれ始めた。

丸印しはオシッコである。

丸印しもどんどん増えて来た。

もうカレンダ-には書ききれない。

そこで工夫がなされてくる。

花丸印しに風船がつき、その上にお日さまが輝いている。

それを見ているだけで、沙耶香の日々の成長をうかがい知ることができる。

チョットしたトイレの中の一時、別に考えることもなく、

手持ち無沙汰なそんな時、

我が家のカレンダ-は私に子供の事を語りかけてくれるのです。

食事の前、あるいはその直後にお読みになった方々には、心からお詫び致します。