“コロンブス”おもしろかったよ

“コロンブス”という本は、郷(8才)にとって6冊目の本である。

昨年から1ケ月半のペ-スで1冊読んでいる。

1冊が約200ペ-ジなので大変は大変である。

今までに読んだ本は、

“リンカ-ン”、“お釈迦さま”、“エジソン”、“ガリレオ”、“ニュ-トン”。

わが子にしてはよく読んできたと思っている。

たとえ、それが半強制的にでも。

また、ニンジンをぶら下げられたにしても。

私の過去を振り返えっも、小学3年生で教科書以外に読んだ本などなかった。

6年生のとき初めて図書館で“福沢諭吉”を借りて来て読んだのを記憶しているだけ。

そんな私に較べたら、はるかに進んでいると思う。

ところが、悲しいかな我が家には、静香(10才)がいる。

静香の読書量と言えば、大変なものである。

図書館の本で面白そうなものは、ほとんど読んだという。

時々、休みの日、3人の子供を連れて散歩がてら、本屋に行くことがある。

その時、みんなに一冊ずつ本を買ってやる。

静香の選ぶのは、厚くて値段が張る。

それでも教育のためと思い、千円冊を二枚渡す。

すると、お釣りがわずかに戻って来る程度。

それでも、静香の笑顔を見ると、やはり、私も嬉しい。

家に帰り、静香は、その辺りに寝そべりながら読み始める。

途中、夕食が入り中断するが食事を済ますとまた読み始める。

周りでテレビがかかっていても全く平気らしい。

そうして、おもむろに起き上がり、本をテ-ブルに置き、「読んだ」と一言。

「面白かったか」と聞くと、

「ウン」と返って来るだけ。

親の私としては複雑な心境。

買ってやった本をキッチリ読んでくれるのは実に嬉しい。

しかし、実にあっけない話である。

また、あれだけの本をそんなに速く読めるのかという驚きもある。

一方、郷の方と言えば、いつ読むのか、果たして読むのだろうか、といった具合。

“コロンブス”は、毎週土、日曜日に私が横で読むのを聞いてやっている。

いつも二章か三章。ペ-ジにして約20~30ペ-ジ。

ところが、最近になって郷の自主性を重んじ、郷に、

「毎日、一章でいいから読め」と言っている。

毎朝、家を出るとき、いつも確認を入れる。

郷はいつも、「ウン、解ったよ」と応える。

そして、その晩、「読んだか?」と尋ねると、ただ首を横に振るだけ。

そんな毎日が続く。

ところが、ある晩、7時過ぎ、私が家に帰ると、沙耶香(2才)が私に向かって、

「サ-タンねぇ、一章読んだよ。“コロンブス” 面白かったよ」と言った。

私がキョトンとしていると、お母さんが説明してくれた。

郷が学校から帰ると、沙耶香はツカツカと歩き、

“コロンブス”の本を持って来て、ペ-ジをめくり、声を出して読み始めたと言う。

当然デタラメではあるが。そんな光景を見た郷は、

何かを感じたのか、あるいはお母さんに言われたのか、

その辺は定かではないが、郷は私のいない所で確かに一章読んだのである。

これは郷にとっては画期的な出来ごとであった。

ところが、その晩、郷から聞いた言葉は、少し力なく、

「お父さん、一章読んだよ」だった。それでも、私は、郷を誉めてやった。

「よくやった」と。

ところが、残念ながらその後、郷から、

「お父さん、一章読んだよ」という言葉は聞こえて来ない。

しかし、私は、あまりとやかく言うつもりなどない。

郷は私より多くの本を読んでいるのだから。