キュウリの話

ある日、今晩はみんなに新鮮な野菜サラダを食べさせようと決めてスーパーへ。
重い荷物を下げて家に着いた。
さて、と買い物袋をから野菜を取り出すと、キュウリが見当たらない。

おかしいな、買ったはずなのに。

レシートを見てもキュウリと書いてある。

そこで、無駄だと知りつつ、スーパーに電話をしてみたが、

電話の向こうからは、
「申し訳ございません。キュウリはレジのところには残っていませんでした。」
と言ってきただけ。

仕方なく、子供たちには、

「今晩のサラダは、キュウリなしでごめんなさい。ママがスーパーに忘れてきてしまったの。」

子供たちは、私を責めることはしませんでした。

それどころか、子供たちは、

「ママ、今日のサラダは美味しいよ。」

と言ってくれた。

私は、涙が出そうになった。

翌日、長女が学校から帰ると、

「ママ、キュウリがあったよ」

「学校に行く途中の道路に、3本転がっていたよ。
車に引かれて、下半身がバラバラになっていたよ。
私は、かわいそうになり、一本ずつ拾ってやって、
道の脇に寝かせてやったよ。学校には、そのまま行ったけど、
帰りには、キュウリのところにいって、手を合わせてきた。
ママも行ってきて。」

私は、キュウリに本当に悪い事をしたと思っている。

しかし、それよりも、長女の優しさに感激してしまった。