達磨の問答

不安の心を持って来い

中国の禅僧慧可(えか)(593年107歳で没す)は、インドから来た達磨禅師を訪ねた。

達磨禅師は、壁に向かって座禅をしたまま、 慧可に向かない。
慧可は雪の降る日も達磨禅師の後ろに立ち尽くす。
最後は、左ひじを切断し、その本気度を見せた。
そこで初めて、達磨は慧可の入門を許可した。
慧可は達磨に禅問答をしかけた。
「私は不安なのです。どうか私に安心する方法を教えてください」、と。
達磨は答えて曰く、
「じゃあ、その心をここに持って来なさい。そうすれば安心させてあげよう。」
慧可は、
「その心を見つけようとしているのですが、どうしても見つかりません」、と答えた。
達磨は、
「さあ、あんたのために、ちゃんと安心させてあげたよ」、と言った。
それが達磨の教えであった。
不安の心を探して、どこにもないのであれば、すでに不安はなくなっているのだ。
いや、考えてみれば、不安の心なんて初めからどこにもなかったのである。
我々は、自分勝手に不安を作り出しているのだ。

---幽霊の正体見たり枯れ尾花---
で、幽霊は自分自身が作っている。