地獄の王の閻魔

enma

インドの神話にヤマという人が出てくる。

このヤマは死者第一号である。

ヤマは死んで天界に行くと、そこには緑の楽園があった。

彼は楽園の発見者だから、領土宣言をした

すなわち、ヤマが楽園の王になったのだ。

言い換えると、ヤマは死者の国の王になったのだ。

そのヤマに漢字を宛てると閻魔になる。

ところで、閻魔の支配する死後の世界は、天上界の楽園で、清流があり、音楽が流れ、素晴らしい世界であった。

しばらくするとその楽園に悪人が入ってきた。

この悪人は楽園の雰囲気をこわし始める。

そこで、閻魔は地下に牢獄をつくり、そこに悪人を収容した。

すなわち地下の牢獄が地獄なのだ。

こうして、閻魔は自動的に地獄の王と呼ばれるようになったのだ。

閻魔は、死者を天界に行かせるか、地獄に行かせるかの裁判官なのだ。

また、地獄の王の閻魔には青鬼と赤鬼がいる。

彼らを使って、地獄に送り込まれた罪人の舌を抜いたり、どろどろに煮えた銅汁を飲ませたり、のこぎりで罪人の銅を引いたりするのだ 。

正に怖い存在である。

裁判官である閻魔のテーブルの前には浄玻璃(水晶玉のこと)が置いてあり。全ての人の過去が総て映写されることになっている。