ハワイのカエル

ハワイ旅行は昨年の夏でした。

結婚10周年、勤続20周年の記念にと思い切って企画した。

これにはおじいちゃん、おばあちゃんも参加して、

我が家にとっては忘れられない旅行となった。

そのためか、テレビでハワイが出る度に当時の思い出に花が咲く。

日、お母さんと沙耶香が東急デパ-トに行った時のこと。

沙耶香がしばらく見えないなと思っていると、

間もなくして姿を現して来た。

すると、沙耶香のお尻からプ-ンと臭ってきたと言う。

あわててお母さんは、沙耶香を抱いてトイレに駆け込んだ。

その時の話の続きで、ハワイの思い出話しになった。

みんなで泳ぎに行った時のこと。

おじいちゃんは何十年振りかの海水浴。

郷と沙耶香は初めてのシュノ-ケルだと言って大ハシャギ。

おばあちゃんも持って来たサングラスで気分は最高。

そんな様子を見ながら、お母さんも木陰でハワイ気分を満喫していた。

また、沙耶香も浮き袋につかまって波の上をプカリプカリ。

泳いだ後は、ス-パ-で買って来たおにぎりや弁当を楽しむ。

果物、ジュ-スなどもそういったス-パ-で、

自分たちが言葉の壁を乗り越えて買って来たもの。

でも、現実は現実、沙耶香のウンチはどこででも出るのである。

お母さんがあわてて処理するため、どこか適当な場所を探す。

そして、みつけたのが外にあるシャワ-場。

そこで沙耶香を裸にし、水着の中の塊をつかみ、

『エィッ』とばかり草むらに投げつける。

ところが、その塊の落ちた草むらをみると、そこには大きなカエルが、

『ナンダ!』

という顔付きで、お母さんを見ていたと言う。

ハワイのそのカエルは沙耶香のウンチを投げ付けられて、

さぞかし驚いたことだろう、悔しかっただろう、

というお話し。