裸の王様

hadakano私達は、アンデルセンの裸の王様は知っている。

詐欺師が王様に金襴の着物を作って差し上げると言う。

とても軽い着物で、善人には見えるが、悪人には見えないという代物である。

そのように言われると、王様をはじめ、家臣たちは正直に、「私は見えない」、と言えない。

王様はその着物を着てパレードすると、子供は正直で、

「王様は裸で歩いている」、と大声で叫ぶ。

インドにも、裸の王様の話がある。

昔、インドのある国に毒の雨が降ったことがある。

その毒の雨を飲むと、人間は7日間、気が狂うのである。

その国の王はそのことをよく知っていて、独の雨が降る前に、井戸の蓋をしておいた。

だから、王様はその雨の水を飲まずに済んだ。

しかし、人々に知らせるのが遅れたために、家来たちはみんな毒の水を飲んでしまった。

そのため、家来はみんな気が狂ってしまい、裸になって踊りながら宮殿にやって来た。

宮殿には正気な王様だけが、ちゃんと着物を着ていた 。

すると、人々は、

「大変だ、王様は気が狂ってしまった!」

と騒ぎ始めた。

それで、王様は、

「皆の者、確かに私は病気らしい。気が狂ったようだ。今病気を治す薬をのんでくる。」

と言って、奥に入って、着物を脱いで裸になって帰ってきた。

それを見て、家来たちは、安心した。

それから、7日後・・・。

毒水の効果がなくなり、家来たちは全員正気に戻った。

彼らは着物を着て宮殿に行くと、そこに裸の王様を見るのだ。

その王様を見て、彼らは、

「大変だ、王様は気が狂ってしまった! 」

と騒ぎ始めた。
王様は苦笑しながら言った。

「わしは気が狂っているのではない。わしはお前らに合わせていたのだ。お前たちが正気に戻ったようだから、わしも服を着ることにしよう。」

この王様こそ、釈迦そのもののような気がする。