変な夢

あの運転手は?
夢は本当に面白いもの。
どうして、あんな夢を見たのだろうか、ということがよくある。
今朝の夢も、まさに、そんな夢だった。
登場人物は、昔の私の上司小原と私。

ブラジルの社長という立場でその人には初めてあった。

会社に入って7年目のこと。
私は輸出部に入って4年。

いつになったら、出張のチャンスがやってくるのだろうか?と思っていた矢先のこと。

部長が変わった。

この部長はある商社の合併のため、そのときに東芝に来た人。

だから、発想はメーカーの人とはまるで違っていた。

その部長に、「寝太郎くん、ブラジルの売り上げを2倍に伸ばす方法はあるかね?」、と聞かれた。

「私は、そんなこと訳ないことですよ。」

「私をブラジルに出張させるだけで、実現できますよ。現地事情がわからずに対策など打てませんよ。」

その部長は、即、私の出張を認めてくれた。

ところが、ブラジルに行ってみると、そこに小原という社長がいた。

俺は大阪商人だ、と口癖のようにいっていた。

人間的に見て、好きなタイプではなかった。

その社長が、担当の私に対し、いじめを始めた。

滞在10日間の出来事。

私は、この男には必ず仕返しをしてやる、と思っていた。

若かったからなおさらのこと。



夢ではその小原と私が車に乗っているところから、始まった。

タクシーは我々二人を乗せて、東芝本社に向かっている。

ところが、東芝本社はなぜか、東京とはまるで違う場所にあり、しかも、工事現場にあった。

まさに、本社の門にタクシーは入ろうとした時、なぜかそのタクシーは、正門の横にある民家に激突しようとしている。

「オイ」、と大声を出した途端、タクシーは止まった。

タクシーの運転手は、「居眠りをしていました」、と言っただけ。

どなたか、夢判断をしてください。

タクシーの運転手の顔はわからない。

でも、なぜ、民家に激突しなければならないかわからない。

なぜ、小原と一緒にタクシーに乗っていたのか解らない。

この夢は、夜明けのわずかな時間帯で見たものです。

不思議ですね、夢って。
2005年11月23日