光と音

planet1000

カルマと運命の法則を効果的に実行するために、人間の体は光と音と五大要素(地・水・火・風・空)でできております。
それぞれのチャクラは光と音、地は細胞、水は人体の水分と血液、火はすべての細胞を動かす動力、風は息や血液などの流動機能、空はスペース(場所)を表しています。
宇宙が最初に創造された時、神そのものだもある光があり、それが七色の光(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)に変化し、それぞれの七つの惑星に割り当てられました。そして、これらの惑星の七色は人間の背骨にそって配置されている七つのチャクラのそれぞれの色と結びついています。
神は宇宙の光であるだけではなく、宇宙の音でもあります。
宇宙が誕生した時、「OooMmm」(オーム)という振動で始まりました。
色が七色に別れたと同じように、音も七つの音に別れました。
オム・アム・ハム・ヤム・ラム(Ram)・ヴァム・ラム(Lam)に変わり、七つの惑星に割り当てられました。同様にチャクラにも割り当てられました。