なぜ、この歳で?・・・悲しくも悲しくも

今から30年間、私は優秀な若い先生と出会った。

仮にこの先生を坂崎先生と呼ぶことにする。
この先生はもともと、東北大学の工学部に入学するも、途中で医者の道を歩くことになる。

そして、九州大学の医学部をでて、晴れて医者となった。

もともと向学心の強いこの先生は、大学に残り肝臓・胆のう・すい臓の研究をする。

その道の大家が新潟大にいたので、新潟で研究を進める。
私が坂崎先生に会ったのは、その時である。
私の上司である技師長が、「こんど、ブラジルとアルゼンチンで超音波セミナーをやるから協力しろ」、と言われたのがことの始まり。

それからは、この先生はとんとん拍子で超音波診断で肝臓・胆のう・すい臓の研究発表を行い、日本のトップに上り詰める。
あまりにも全てを医学にかけたため、家庭を顧みず、子供たちや奥さんのことはそっちのけ。
先生は、研究一筋。

先生は教授になり、順調に退官することになっていた。

ところが、悲しくも、そこから、先生の人生は大きく変わってしまう。
まず、父親を亡くし、財産が入ってくる。
自分の土地が売れて、大金が転がり込むといった具合に、なぜか、不思議な時期がやってきたかと思うと、パーキンソン病に罹ってしまった。
パーキンソン病は、筋肉が萎縮して体が思うように動けなくなる病気。
この時、先生は自分の運命を悟ったと言う。

自分はもう、動けなくなる。だから、もう一度、アルゼンチンに行って、あのタンゴを味わいたいと思い、友達とアルゼンチン旅行を計画する。
ところが、日本を出発する間際になって、友達から都合が悪くなったと連絡が入ってきた。
先生は、奥さんに話し、一緒に行こうと誘うが、奥さんからはNOの返事。
そこで、坂崎先生は、知り合いの女性と一緒に行くことにした。その女性は、身体障害者。

ここまでは、別に、何の事件も起こらない。

ところが、帰国して2ヵ月後に事件が発覚した。
自分の預金通帳から、1400万円が引き出されていた。
先生は、まず奥さんに聞いてみた。
もともと、預金通帳の管理は先生が行っていたため、奥さんが引き落とすことなど到底できない。
しかし、その事実を知った途端、奥さんは疑問を抱くようになった。
もしかして、あのお金を、その女の子にやったのではなかろうか?と。
当然、その話は息子にも伝わり、奥さんと息子は、坂崎先生に対する信頼を失っていった。
それどころか、白い眼で見るようになっていった。

一方、先生は、引き落とされた背景を銀行に問いただすが、銀行は、”通常の取り扱いをしただけ”と言って、全く取り合わず。

おかしなことは、他にもある。
大学教授でいた間、私学共済に入っていたため、退職金などの扱いは、その私学共済が行うことになっていた。

退職金は福岡銀行の自分の口座に入れてくれと言うのに、全く別の口座にお金は入れられていたと言うのだ。
それは、西日本シティ銀行。
どうも、自分の調査には限界を感じた坂崎先生は、弁護士に依頼をしたと言う。

しかし、その弁護士は、なぜか、この問題を法廷に持ち込んでも、勝てないし、逆に名誉毀損で訴えられるだけだと言われて、全く取り合ってくれなかったと言う。
因みに、坂崎先生は、上体がひどく曲がり、歩くのも大変な有様。言葉もろれつが回らず、聴きづらいほど。
しかし、記憶や判断は普通の人と全く同じ。
先生が、とぼけているとは全く思えない。

先生から、一部始終を聞いた時、「なぜ?この2年でこうも人生は変わってしまうものなのか?」
と思った。

最も悲しいことは、自分の妻と息子に白眼視されていること。
何を言っても信用してもらえないこと。
昨夜は、私ども3人、先生の友達として、一緒に日本橋で食事をした。
先生は、ボソリと、「自分の話を聞いてもらえた。あなた方に感謝する」と言ってくれた。

「先生、一人で悩むな。何かがあったら、必ず、福岡に助けに行くから。」と言って握手した。
日本橋の大通りを、先生をおんぶして、ホテルまで帰った。