結婚披露宴

3253

有田さんがまだ結婚をしていない頃の話。

友達が富山に嫁ぐという話が飛び込んできた。
有田さんには初めての結婚式。
自分の結婚のことを夢見て、胸を膨らまして富山に行った。

友達は裕福な人と結婚すると聞いていたが、噂にたがわず、
一流ホテルで披露宴。


言われるままに長テーブルに座ると、右隣には40代のおじさんが座っていた。
一見して、恩師ではないかと思われる男性。

テーブルを見ると、料理がびっしり。

自然と自分の料理と隣の料理の境界線を確認する。

おお、ここだなと納得。

それにしても食べきれないほどの料理。

持ち帰り用の弁当まで出ていたが、自分は若いし、そんな弁当を持って東京に
もって帰りたくなかった。

だから、自分で全部食べようと思った。


人のスピーチを聞いていても面白くない。

パクパクと食べ始めた。

しばらくすると、隣のその男性が、変な顔をしている。

「なぜ、この人は変な顔をしているのだろうか」と思ったが、構わず食べ続けた。

式も終わりに近づいた頃、隣のおじさんは早めに帰っていった。

多分、遠いところから来ているんだろうな、と思って、あまり、気にもとめなかった。

いよいよ、披露宴も終わりに近づくと、係りの方が来てお土産を袋に入れ始めた。


自分の分は全て食べたので、何もないと思っていたら、係りの方が、

「これはお客さんのですよ。」

「エッ、それが私の?」

私が食べたのは、ひょっとしたら、あの男の人のだったのか?

有田さんは、悪いと思い、正直に、

「私は、ここの料理を食べたんです。」

「それは、隣のお客様のものだったんです。でも、もう帰られたようですから、お客さんがお持ち帰りください。」。

「エッ、私が?」


若い自分には、拒否できなかったので、言われるままに引き出物を持ち帰った。

東京に持ち帰ったときには、その料理は既に痛んでいて、結局捨ててしまった。

思い出すのは、そのおじさんの顔。

人に自分の料理を食べられるほどいやなことはない。

「おじさん、ゴメン」

ひょっとしたら、あのおじさん、遠くから来ていたのではなく、気分を害していたのでは?

アア、私って・・・・・