熊谷次郎直実

leader.jpg

熊谷次郎直実、この人の名前は、知っている人は多いであろう。

義経の軍勢が平家を攻める一ノ谷の合戦において、16歳か17歳の平敦盛(あつもり)をこの直実が討ったのである。

直実はその後人生の無常を感じて出家してしまった。

平家物語にはそう書かれている。

だが真相はちょっと違うらしい。

直実は平家討伐に功績があったにもかかわらず、頼朝は彼を評価しなかった。

彼は憤懣やるかたなく出家したのだという。

頼朝が、結局、義経を評価しなかったように、義経の部下を評価しなかったことから考えると、そのような評価が正しいように思える。

出家後の直実の法名は蓮生(れんしょう) と言った。

法然上人に師事して、浄土の教えを学んだ。

そんな蓮生には次のような話が残っている。

蓮生の老母が病気になった。

京都にいた蓮生は、老母を見舞うために故郷の武蔵国熊谷郷に帰る。

ところが、急に出発したもので旅の路銀に不自由をした。

老母への土産もない。

そこで、藤沢の宿で主人の藤屋平兵衛に 銭一貫文の借用を願い出た。
leader.jpg

しかし、宿の主人は、見ず知らずの人には質草がないと断わる。

直実 「では、その質草をお預けしよう。」

主人 「質草は何でございますか?」

直実 「私は旅の僧で、私の差し出せる質草は、念仏十篇ぐらいです。」

主人 「ご冗談は困ります。念仏などいくらいただいても質草にはなりません。」

直実 「いや、ともあれ、拙僧の念仏をお聞きくだされ・・・・・」

そう言って、蓮生は縁先で合掌し、力強い念仏を十篇称えた。

すると、庭前に、忽然として十茎の蓮華が生じたのである。

びっくりした主人は蓮生に銭十貫文を用立てた。

「お返しには及びません」と宿の主人は言ったが、蓮生は再び京都に上る時、平兵衛の宿に立ち寄り借金を返済した。

そして、質草の返却を求めた。

「どうしたら、質草を返せるのか?」と問う平兵衛に、今度は平兵衛が念仏を十篇称えよと言う。

言われた通り、平兵衛は十篇念仏を称えた。

すると、庭の十茎の蓮華がたちまちのうちに消えてしまったという。