水に流して

私の友人に寿保さんという方が居られる。

もう、 70 歳に近い方である。

寿保さんは 2 年前から、シャンソン歌手の丹野玲奈先生に師事し、一年目の昨年から銀座 8 丁目の”月の子猫”でリサイタルを始めた。

昨年は、私どもは、残念ながら移転と重なり行けなかった。

今回は楽しみに出かけた。

娘も来てくれた。

妻は、寿保さんのリサイタルで受け付けを頼まれていたため、忙しそうにしていた。

日曜日の銀座は予想以上に人は少ない。

地下にあるライブハウスは閑散としていた。

だが、開場の 1 時前にはぞろぞろと集まってきた。

1 時半より 10 分遅れ、リサイタルは始まった。

寿保さんは歳を感じさえないくらい若く見えた。。

数えてみたら 23 人のお客。

約 12 ~ 3 曲を歌い終わると、寿保さんのリサイタルは終了。

大きな拍手とともに、寿保さんはお客さんに握手して回った。

お客の中には日田市の同級生もいた。

20 分の休憩が終わり、丹野先生の歌が始まった。

寿保さんには悪いが、流石にプロの歌は違う。

先生は 10 曲あたりを一気に歌いこんだ。

そのうちの一曲を聞いていたら、なぜか、私の父のことを思い出し、不思議に涙が出てきた。

父は既に死んで 30 年近くになる。

こんな形で父が現れるとは思えなかった。

一通り、丹野先生の歌が終わると、その素晴らしい歌にアンコールが起きた。

そのアンコールの一曲に、「水にながして」があった。

この曲は、昨年の丹野先生のコンサートでも、今年もコンサートでも聞いた。

しかし、

昨日の曲は特別に違って聞こえた。

力強く、聞こえてくる歌声は、すべてのことを水に流して、再出発するぞという強い意志を感じた。

コンサート終了後、丹野先生と話す機会があったので、先生のこの曲は素晴らしい。

勇気をもらえた気がすると、自分の気持ちを伝えた。

家内は、そとで、受付をしていたので私と丹野先生の会話など聞いてはいない。

しかし、帰りの電車の中で、家内が、「あの水に流しての曲は良かった。勇気をもらえた気がする」と言ったのにはびっくりした。

夫婦して、この曲の素晴らしさを感じることが出来たのだ。