パンツ一枚でウロウロしないで

またまた、有田さんの話。
世の中は表と裏があってなかなか面白い。
有田さんが暴く、有田さんの家庭。
夏の暑いさなか、夫は会社から帰るとパンツ一丁になり、

冷蔵庫からビールを取り出し、飲み始める。

有田さんが生まれて育ったときも、父親はそうだった。

だから、夫のその姿には、実はあまり抵抗は感じていない。

しかし、上の娘が中学生になると、さすがに嫌がるので、

「お父さん、年頃の娘がいる前ではパンツ一丁で家の中を歩かないで。」
夫は、しばらくは、私の忠告を聞いてくれたが、

2~3週間もすればすぐに忘れて、

また、元のパンツ一丁の生活に戻っていった。

中学生の娘は、そんな姿を見ると自分の部屋に入って出てこなかった。

有田さんは数年前に40歳になり、今や立派な母親。

下の子供も、もう中学生。その娘が小学生のときは、

風呂に一緒に入ることが多かったが、

今は、部活で夕方になっても帰ってこないことが多くなった。

そのため、夏の暑い日は、夕方一人でシャワーを浴びることが増えてきた。

家の中には誰もいないと、ついつい裸で家の中を歩くことがあった。

着替えの下着を箪笥のところに取りに行くのも、

初めはバスタオルを巻いていたが、

今では、そのままの姿で部屋を歩く。

夏の暑いときはなおさら。

この気持ちよさに初めて気づいたのである。



ある日、その光景を下の娘に見つかってしまった。

しかし、事情を説明すると娘も、

「それはいいアイデアね」、

と言って家の中を裸で歩くようになった。

さすがに、夫がいるときには、そんな格好は見せられない。

しかし、Tシャツにパンツ姿は普通である。

下の娘も、まさにその姿。

ところが、夫はそんな私を責める。

しかし、もともと、夫がそうだったから、夫は強くは出られない。

ところが、夫は、ある時期から作戦を変えてきた。

家にいるときの夫は、ズボンにスポーツシャツを着てビールを飲むようになった。

しかし、残念ながら夫の思惑通りにはいかない。

すなわち、Tシャツにパンツ姿の快適さは、やめられないのである。

チョット色っぽいかしらと、ポーズをとって見せると、

夫はあきれた顔で有田さんを見てるという。



こんな自分の格好を世間の誰もが想像できないだろうと思うと、

もっと快感を感じるのである。

皆さんも、裸で家を歩きましょう。

Tシャツとパンツで快適な生活をどうぞ。