パラリンピックなんかなくなればいい

オリンピックが終わり、今ロンドンではパラリンピックが行われている。

テレビ番組も適当に放送している。

オリンピックの盛り上がりとは格段の違いである。

昨夜、ニュース番組に乙武さんが出てきた。

”五体不満足”の著者である。

パラリンピックについてどう思うかと質問され、乙武氏は、

「パラリンピックなんかなくなればいい」、と答えた。

司会者はとんでもないことを言われたという驚きで、次の言葉が出なかった。

私も、何を言っているのか分からなかった。

彼の言いたいことはこうだった。

どうして、パラリンピックをオリンピックと別に開催するのか?

オリンピックの競技として、なぜできないのか?

水泳でも部門を分ければいいだけではないか?

柔道のように階級を分けてやればいいではないか?

この説明に、私ははっと驚かされた。

我々はいかに鈍感だったかと思う。

なるほど、乙武氏の言うのが正論である。

最後に乙武氏はこう締めくくった。

「どうして、銀座のパレードをパラリンピックが終わってやってやらないのか?それが悲しいことだと思う。」、と。

至極当たり前の提案である。

もう一度、謙虚に考える必要があると思う。