『例外』のすすめ

susi.jpg

「人間はすべて例外である」

これはロシア哲学のベルジャーエフ(1948年没)の言葉である。

人間はみんな、一人一人がそれぞれの個性を持った存在である。

一人として同じ人間なんかいやしない。

みんな違っているのだ。

違っていて当たり前なのだ。

ところが、現実は違う。

私達は他人のことが気になる。

自分は、多くの人々と違っていないだろうかと気にする。

具体的には、人ができて自分ができないことを、大変気にするのだ。

どうも、偏差値だとか平均値という意識が、我々をがんじがらめにしているのではなかろうか。

はたして、自分はどの位置にあるのだろうか、と気になる。

流行も同じ。

流行遅れが大変気になる人も多かろう。

金子みすずの詩に、

「みんな違って、みんないい・・・」

というのがあるが、分かっていても弱い人間はそれができないのだ。

ユダヤ教の律法の一節に、

「あなたは多数者に追随して、悪を行ってはならない」、とある。

この律法は神の命令であるが、ユダヤ教の神は、他人(多数者)がいかに行動しようとそれは構わない。

「あなただけは例外であれ!」

と命じているのだ。

仏教においても、浄土真宗の開祖の親鸞は、

「弥陀の五劫思惟(ごこうしゆい)の願をよくよく案ずれば、ひとえに親鸞一人が為なり」

と言っている。

阿弥陀の救済力(五劫思惟の願)は、ただただ親鸞一人のために発動されている、というのである。

言い換えれば、私一人のために仏があると言っているのだ。

自分は仏に守られて、一人の「例外者」であることを自覚しなさいということだ。