連帯意識のお念仏

融通念仏

1117年、僧の良忍が一心不乱に念仏を唱えていた。
そこに、阿弥陀如来の示現があった。偈(げ、とは、仏の教えや仏・菩薩の徳をたたえるのに韻文の形式で述べたもの)を感得した。 「 一人一切人、一切人一人、一行一切行、一切行一行」 実はこの偈(げ)が融通念仏の思想的根拠になのである。
良忍はこの偈(げ)に基づいて融通念仏の理論を完成し、融通念仏宗を開いた。
この念仏理論は、この宇宙に存在しているもののうち、他から孤立して単独で存在しているものはない。一つのものは宇宙全体の一つであり、その一つが全体(一切)に他ならないのだ、というものである。
私達は一人一人が別々の存在であるかのように思っているが、家族であれ、あるいは職場の集団であれ、、誰か一人が病気になったようなとき、全員の気が滅入るものである。
その意味では、一人の行動がその人一人のものではなく、みんなに影響しているのだ。
そう考えると、この宇宙においては、一人が一切人であり、一切人が一人なのだ。

そして、一人が唱えるお念仏が他の人のお念仏になり、他の総ての人が唱えるお念仏が私自身のお念仏になるのである。
良忍はそのようなお念仏を“融通”と呼んだのだ。
私のお念仏を他人に融通してもらい、他人のお念仏を自分に融通してもらう。

我々は、多くの人が心を一つにして、「頑張れ」と唱えたとき、そのエネルギーが伝わるというのは殆どの人が実感している。