沙耶香の記憶

ここにきて、沙耶香(2才)の成長には目覚ましいものを感じる。

走るのも跳ぶように走り始めた。
言葉のほうも随分としゃべるようになってきた。
ある時には、母親のネックレスを首に掛け、ハンドバックを腕に下げ、
母親に向かって、声の調子を高めに、

「マァ、オクサマ、ワタクシ、コレカラ、オカイモノニ、イッテキマスノ」

などと言ったとか。

こんなに小さいのに、よくも知恵が働くものだと驚く。
そんなある日、郷(8才)がサッカ-の練習に出掛ける時、私に、

「ヴェルディの試合をビデオに撮っといて」と言って出掛ける。

私は言われた通りビデオの準備に取り掛かる。ところが、ビデオが動かない。
あれこれ原因を調べてみるが解らない。
次に工具箱を持って来てテ-プを分解してみる。

テ-プ自体には問題がない。
色々考えた末にフッと思いつき、

「お母さん、最近、沙耶香は何かを、ビデオの中に入れなかったか」

と尋ねる。
すると、

「アッ、そうそう。昨日から、ブドウのキ-ホルダ-が無くなったと、
しきりにビデオの下のタンスの引き出しを指差していた」

と言う。私は直ぐに、ビデオのテ-プ挿入口をのぞいて見た。
すると、中に紫色のキ-ホルダ-が見える。これで原因が解った。

早速、ビデオの分解に入る。ところが、ドライバ-がない。

「サ-タン、トライバ-を知らないか?」

と聞くと、

「ドライバ-はここにあるよ」

と、自分のおもちゃ箱から持って来る。
分解し、キ-ホルダ-を取り出すと、それで全て解決。
「電気屋に修理に出したら、随分取られただろうなぁ。」

「そうよ。ひょっとしたら小一万円は取られていたかも知れないよ。近頃の電気屋はしっかりしてるから」

などと、夫婦の会話を交わしつつ、ビデオの組み立てに入ろうとすると、
また工具箱の中に先ほどのドライバ-が見当たらない。
そこでまた沙耶香に、

「サ-タン、ドライバ-がどこにあるか知ってる?」

と聞くと、

「ウン、知ってるよ。ここよ。」

と言いながら、洗面所に走る。
そして、

「ここにあるでしょ」

と付いて行った静香に言っている。

すると、静香はいきなり笑い出し、
「それはドライヤ-でしょう。」
私もお母さんも思わず吹き出した。

あわてて私は周囲を見回した。
すると、ビデオの陰に白いドライバ-が見つかった。

「沙耶香、ゴメン」と心の中で謝りながら、再び大笑いの渦に巻き込まれていった。