性急な恩返しは・・・

ongaesi
フランスのモラリストのラ・ロシュフーコー(1680年没)の言葉に、

「あまりにも性急に恩返しをしようとするのは、一種の忘恩行為だ」

というのがある。

我々は、特に日本人は受けた恩は直ぐに返さないといけない、と考える風潮がある。

実は”恩”をサンスクリット語で、

「クリタ・ジュニャター」 という。

意味は、「なされたことを知る」という意味である。

私達が誰かに恩を受けたら、相手が自分にしてくれたことをよくよく考え理解することが「恩」なのだ。

恩とはしみじみと感じることなのだ。

我々は、よく”恩知らず ”という言葉を使うが、これは、受けた恩をじっくりと考えないことを言うのだ。

反対に、「知恩」という言葉がある。

この言葉こそ大事なのだ。

まず、 「知恩」があって、次に「返恩」なのだ。

ところが、仏教では 返恩をあまり重要視しない。

恩を受けた親に恩を返す気持ちがあっても、別に親に恩を返す必要はない。

次の世代、あるいは別の人に、恩を送る「恩送り」こそが大事なのである。

恩というものを、英語的にギブアンドテイクで考えてはいけない。

受けた恩の大きさ、や深さも関係ない。

出来る範囲で、恩を送ればいいのだ。

ただし、恩を受けた時の気持ちは素直に相手に伝えよう。