”啐啄同時”(そったくどうじ)

禅の言葉に”啐啄同時”(そったくどうじ)というものがある。

親鳥が抱く卵が孵化する時、卵の中の雛が内側からコツコツとつついて合図する。
それが”啐 ”である。
それと同時に、外から親鳥がコツコツとつつく。
これが”啄”である。
この”そつ”と啄は同時でなければならない。
そうでなければ、雛がその殻の中で死んでしまう。

自然は不思議である。

この”啐”と啄は同時に起きる。

仏教には不思議という言葉がある。
思議 しないという意味である。
あれこれ考えるな、思い悩むなというのが「不思議」である。