武田双雲の話

昨夕、私は家内と一緒に車で買い物に出かけた。


雨が降り、道路が渋滞。
そんな時、ラジオから武田双雲の話が流れてきた。

話は感謝の話である。

彼が言うには、感謝こそ全てを解決でいる気持ちではないかと思っている。

感謝の気持があれば、いがみ合いなど起こらない。
戦争など起こらない。

だから、自分は、今、世界感謝デーを設立する組織を発足させたと言う。
10年後、20年後を目指して。
戦争をなくすために。

私は、この放送を聴いていて、私と同じことを考えている人がいると思った。
私は、世界感謝デーまでは考えていなかったが、全てを解決する方法は、
感謝の気持ち。

その気持ちは実は神からの贈り物。
試合に勝ったとき、周りの人々に感謝する。
合格した際に神に感謝する。
子供が生まれたら感謝。
病気が治ったときも感謝。

この感覚を身につけたとき、神からの啓示が聞こえてくる。

私は、早速、双雲さんにメールを出した。