うどんが食べたい

94歳の義理の父親が伊豆の老人ホームにいる。
一昨年、家で転倒し、足を骨折したため、義理の母と一緒に住むわけにいかず、やむなく老人ホームに入れた。
そのおじいちゃんは従来から腎臓に問題あるため月一回、伊豆の順天堂大学病院に行かなけれなならない。
2年前は、まだ、元気が良かったので、実の娘の話にはちゃんと反応していた。しかし、次第に反応は鈍くなり、今ではほとんど会話もしなくなった。
娘である我が妻は、少しでも、父親が喜ぶようにと、病院内のコンビニでお菓子やジュースを買ってやる。
ところが、先月は、そのおじいちゃんが、「うどんが食べたい」と言うのである。
老人ホームのヘルパーさんに、老人ホームではうどんは食べさせないのかと聞いてみると、
「うどんは出しているが、味が薄いのかもしれない」
と返ってきた。
そこで、今回は”何としてでも、おじいちゃんにうどんを食べさせようプロジェクト”がスタートした。
院内にあるローソンのうどん屋のスタートは朝の10時からということが判明。
どうしても医者の診断時間はいつも午前10時過ぎ。それまでに食べさせなければならないのである。
そこで、妻は考えた。
インスタントのうどんにしよう、と。
私は早めにローソンに行き、テーブルを確保。
そこに、妻とヘルパーさんが車椅子で父親を連れてくる。
妻は、直ぐに天ぷらうどんを買ってきて、湯をかけた。そして、しばらく待つ。
妻がどんぶりに箸を入れ、麺をほぐす。
すると、車椅子に座っているおじいちゃんは、何やらもぞもぞ始める。
妻が父親の側に立って、テーブルの上にあった七味唐辛子の袋を持ち上げると、
すかさず、おじいちゃんは口を開ける。
「おじいちゃん、これは七味唐辛子でしょ。」