嘘も方便

一歩ずつ

昆虫採集を趣味にしている人が山岳部の連中と一緒に山に登った。
彼は、山に登りながら昆虫採集に動き回っている。
運動量は彼のほうがはるかに大きい。
しかし、面白いことには、山岳部の連中のほうが先にバテテしまったという。

これは、山岳部の連中は山登りを目的としているからだ。
目的地にこだわると、登山はあまり楽しくない。
それは、登山ばかりでなく旅についても同じである。
旅は、目的地にこだわらないほうがいい。
旅の楽しみは、目的地に到達するまでの過程にある。

仏教の言葉に”方便”がある。
この言葉はサンスクリット語の”ウパーヤ”の訳語であって、本来の意味は、”近づくこと”である。
一歩一歩目的地に近付いて行く歩みが”方便”である。
その方便を大切にしろ、というのが仏教の教えである。

「嘘も方便」とは、目的に近付かせるために嘘をつくこともある。

人生において、大事なのは毎日毎日楽しい生活をすることである。

あまり、目的地にこだわるような考え方をやめにしたいものだ。